小樽商科大学の演劇サークルの公式ブログです。

■演劇戦線とは
小樽商科大学の演劇サークルです!
主に小樽の街中、大学構内で春・夏・冬の定期公演を行っています
↓演劇戦線詳細↓
演劇戦線HP
http://engekisensen.html.xdomain.jp/
■連絡先
質問・要望等はengekisensen@gmail.comまで!
■twitter&facebook
<< 集積回路の電子的外積論理におけるエロいこと。 | main | いしょうとめいく【役職紹介2013】 >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | PAGE TOP↑
    【役職紹介2013】小道具
    category: 役職紹介 | author: えんせんめんばーず
    0

      皆さんこんばんは、シンディです。
      キーボードの「o」がなかなかに反抗的で頭を抱える毎日です。

      今回は小道具について書いていきます。
      この役職は簡単に言うと、小道具を集めて管理するお仕事です。
      うん、そのまんまだね。

      まず、小道具というのは役者が持ったり、使ったりするものです。コップとかケータイとか。
      あとは、実際には役者は使わないけれど雰囲気を演出するために置くものもあります。
      例えば本屋という設定なら本とか。
      ちなみにえんせんでは、かばんや腕時計など身に着けるものは衣装メイクが担当しています。

      では次に具体的な仕事内容を説明していきます。
      初めに、台本を読んで必要なものをリストアップします。
      大体は書いてあるので、挙げるのにはそう時間はかからないでしょうが、
      先ほども書いた通り、舞台上に置くものは自分で想像しなければいけない時もあります。
      こういう場所なら、きっとこういうものがあるだろうなーと考えてリストに加えてみたり。
      その後、演出と相談して何を集めるかを決めます。

      集めるときは最初に部員に持っているかを聞きます。
      それでなかった場合は、買いに行きます。
      それでもなかった時は、材料を買ってきて作ります。
      小道具は役者が使う場合が多いので、早めに集めて練習で使い、慣れてもらったほうがいいです。

      そうして集まった小道具を管理するのも大事なお仕事。
      特に借りたものはなくしたら大変ですからね。使うたびに確認しておくといいでしょう。

      小道具には専門知識は必要ないので、個人的に誰にでもできそうな役職だと思います。
      しかし同時に妥協しやすい役職でもあります。
      例えば、水を飲んだり、電話をかける場面があるとします。
      役者がしている演技をすれば、小道具がなくても見ている人に何をしているかは伝わりますよね?
      なので、手を抜こうと思えばいくらでも抜けてしまうのです。
      どの役職にも言えることですが、「妥協しないこと」がとても大切なのです。

      小道具の仕事はだいたいこんな感じです。
      1度しかやったことないのでうまく説明できてないんですけど、そこはご了承ください。
      ではではこの辺で失礼します。

      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | - | - | PAGE TOP↑






        この記事のトラックバックURL : http://ensen.jugem.jp/trackback/506
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        SEARCH