小樽商科大学の演劇サークルの公式ブログです。

■演劇戦線とは
小樽商科大学の演劇サークルです!
主に小樽の街中、大学構内で春・夏・冬の定期公演を行っています
↓演劇戦線詳細↓
演劇戦線HP
http://engekisensen.html.xdomain.jp/
■連絡先
質問・要望等はengekisensen@gmail.comまで!
■twitter&facebook
<< 中間発表終了 | main | 中間発表を終えての感想(とりっぴー) >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | PAGE TOP↑
    中間発表の感想
    category: 対校祭2015 | author: えんせんめんばーず
    0

      どうも、オヤカタです。
      昨日は対校祭の中間発表がありまして、内容は前回の山科君の記事の通りです。
      一応、客観的に眺めていた者として感想書き残しておこうかなーという感じです。
      他団体様方の発表を「すげー」と阿呆面で観劇してまいりました。いや大変勉強になった。

      深いテーマだなぁ…と他団体様の発表をみてから我が演劇戦線の番になりまして、舞台袖から見守ってたんですけど…
      シンプルに「なんて阿呆な劇なんだ」と思いました。どこの阿呆がかいたんだこんな脚本。私です。
      あの、あれです。何にも考えないでただ笑えるものがみたい時ってね、絶対あると思うんです。あるよね?あるはずだ。それです。
      まだまだ面白くしていけるとは思いますのであとは本番まで練習です。おもろいものをみせますので、ぜひぜひ演劇戦線をみにきてください。

      帰り、電車に揺られながら舞台監督に「いやー今日ウケてよかったわー」と話しつつ笑いが起こったタイミングを脳内で反芻し、あそこのキレをさらによくすればもっと笑いが…笑いがとれるはずや…とぐるぐる思考しながら家に着いて私はいつの間にお笑い芸人になったんだろうと思いながら寝ました。笑ってくださった皆様ほんとにどうもありがとう。

      山科君の記事にもありましたが、交流ワークショップ、私も右に出る者はいないコミュ障というやつなんでやべーどーしよと思って振り返るとみんなからあふれ出る「無理」のオーラ…!!あかん、うちの団体「コミュニケーション」のステータス値低すぎる!!逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだっていう声が聞こえてきそうでした。なーんだみんなもシンジ君だったんだね〜!今日は3号機でここまできたの〜?帰りの電力大丈夫〜??
      でも最後は楽しそうで良かったです。私もなんとかがんばれました。

      本番もがんばるぞー
      comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | - | - | PAGE TOP↑






        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        SEARCH